slifer's Diary

Diaryとは名ばかり

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

WSよく使われるカード(シュヴァルツサイド・黄色編)

続いてシュヴァルツサイド。
P3から。



《ペルソナ3》
○主人公&オルフェウス
元祖早出し。このカードは思い出に行くので圧縮にもなる。早いターンからソウル2で殴られるのは辛い。このカード自身がアンコールを持ってるのも評価プラス。
○ファルロス
「主人公&タナトス」の絆。
○コロマル
出したターンのみパワー3500。同じレベル0アンコールの「雪風のタバサ」に比べると見劣りするが強いカードではある。
○主人公&タナトス(最後の選択)
「主人公&オルフェウス」「ファルロス」の対応キャラ。「巫女装束の音姫」と同じく?でソウル+1、CXシナジーでバウンス。対応CXがいまいちなのは早出しできる分しょうがないか。
○影時間
相手のレベル2以下のキャラ1体をストックへ。代わりに追加コストとして自分のキャラ1体を手札に戻さなければならない。だが、これはCIP能力を再利用するためのものと考えればデメリットではない。

《魔界戦記ディスガイア》
○折り鶴の明日禍
相手がマリガンでCXを捨てない限り先行1ターン目ではソウル2。リフレッシュ後も狙えるので割とチャンスはあるか。
○幼馴染ラズベリル
「魔王マオ」の絆。
○魔王マオ(さぁ、改造してやるーーー!!)
初期ソウル4。ソウル5まで上がる化物。これにアンコールなんか付加すると一発一発が怖い怖い。CXシナジーは無理して打つ必要はないかも。
○伝説の主席卒業生ラズベリル(そして、伝説へ……)
山札再構築能力。その場合全体ソウル+1。能力発動できれば擬似クライマックスになる。これも無理してCXシナジーを打つ必要はないかな。
○魔神エトナ
条件でソウル2になるレベル1。集中を入れると安定したソウル2アタッカーになれるか。

《Fate/stay night》
○鬼教官セイバー
武器持ちの数でパワー3500に。武器持ちは多いので割と安定するはず。
○衛宮 切嗣
レベル2以上とバトルするとパンプする能力。「大和撫子 環」などには勝てるし、助太刀を使えばバニラクラスには勝てるのは強力。
○最優の英霊セイバー
今ではそんなに見かけないが、パンプ次第ではネムミハのレベル1にも勝てるので頑張れる子。ただ最近はパワーの高いレベル1がほとんど魔法を持っていないので、今の環境では辛いか。

《シャイニング・フォース イクサ》
○アウトロー トウマ
応援がいればパワー3500。応援のおかげで4000以上になるのでレベル0の中では優秀な部類。
○選ばれし者トウマ(聖剣シャイニングフォース)
「笑顔のシリル」で回収可能。パンプテキストは微妙。CXシナジーのバウンスは初期のものと同一。トリガーはバウンスなので使いやすい。
○マスター・トウマ
相手を倒したときもう一回アタックできる。コストは大量にかかるが、条件が緩いので楽に発動できるのがいいところ。
○笑顔のシリル
「選ばれし者トウマ」の絆。
○心優しき騎士ガドフォール
レベル2助太刀。助太刀を使ったときに相手のデッキを3枚削れる。CXを落とせればラッキーと思って使えばOK。

《ザ・キング・オブ・ファイターズ》
○封ずる者 庵(三神技之弐)
アンコール持ち。CXシナジーでバウンス。CXがソウル2なので一気に差をつけるのには良い。
○禁千弐百拾壱式・八稚女
強いかはともかく面白いカード。バウンス、ソウルパンプに加えて相手のストックを削れる効果まで。ストックを削って相手の計算を狂わせることもできるかもしれない。

《戦国BASARA》
○”魔王の妻”濃姫
「”慟哭スル魂”織田 信長」のチェンジ元。「複製者アーチャー」のCXシナジーでサルベージしつつチェンジできるのは強い。
○”慟哭スル魂”織田 信長
「”魔王の妻”濃姫」のチェンジ先。マーカーによってパワー、ソウルともにパンプできる。ソウル調整はしにくいが大打点が通ればOK。

こんなもんで。次回はヴァイスサイド・緑編。そのうちやります。
スポンサーサイト

Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。